03-5815-6377 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談・電話相談無料
受付時間
平日 9:30~17:00

遺産、財産の使い込み

  1. 渋谷徹法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺産、財産の使い込み

遺産、財産の使い込み

相続トラブルの中でも多いのが、相続開始(被相続人が亡くなる時)前後で相続人の一人が遺産・財産を使い込んでしまうというケースです。特に、引き出しが容易である預金口座から、無断で自分の相続分あるいはそれ以上の金銭を下ろして、生活費などに使い込んでしまうことがあります。

相続人が複数いる場合、遺言書があればその記載通りに遺産を分割するのが一般的ですが、遺言書がない場合や分割指定方法があいまいな場合では、遺産分割協議を行う必要があります。また、遺言書があって分割指定方法がはっきりしている場合でも、他の相続人の遺留分を侵害しているときには、遺留分減殺請求が行われる可能性があります。そのため、他の相続人に無断で預金口座からお金を引き出すのは相続トラブルの原因となるリスクがあります。


もし、ある相続人が上記のような使い込みを行った場合、他の相続人が行いうる手段としては、まず、その相続人に対して①不当利得返還請求(民法703条、704条)や、②不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)など、民法上の請求を行っていくことになります。

しかし、親族であることもあって請求を主張しても取り合ってもらえない可能性があります。そこで、訴訟を提起して上記①②の請求を行ったり、必要に応じてその相続人の財産を差し押さえたりする必要があるでしょう。また、裁判も時間がかかるため、その間に財産を費消されてしまわないように、仮差押処分を行うこともおすすめします。


渋谷徹法律事務所は、文京区をはじめとする都内を中心に、全国各地の相続問題に関するご相談を承っております。
「相続財産調査や相続人調査をお願いしたい」「遺産分割協議がまとまらない」「相続手続きにはどのようなものがあるのか教えてほしい」「遺言書の書き方が分からない」など様々なご相談に対応しておりますので、お一人で抱え込む前に当事務所へご相談下さい。

渋谷徹法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の効力

    遺言書の効力

    法律で定められている事項を遺言書に記載することで、法的効力が生じるものを遺言事項と言います。 多くの...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、相手に与えられた精神的苦痛を金銭という形で表したものです。 離婚をお考えの方は、一度は「慰...

  • 後見人・保佐人・補助人のそれぞれの特徴

    後見人・保佐人・補助人...

    認知機能の衰えたご家族などを法的に保護する制度である「成年後見制度」ですが、その説明には「後見人」や「...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、調停離婚が不調に終わった際、家庭裁判所の審判によって行われる離婚を指します。 具体的に言...

  • 養育費の相場を年収毎に解説します

    養育費の相場を年収毎に...

    「離婚を検討しているが、子供に十分な養育費を払ってもらうことができるか不安」 「自分達のケースでは、ど...

  • 不動産トラブルとは

    不動産トラブルとは

    不動産トラブルには様々なケースが存在しますが、その中でも問題となるのが、借地権の更新や敷金の扱い、建物...

  • 遺言書の種類

    遺言書の種類

    遺言書には①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3種類があり、遺言者はこのいずれかの方法で遺...

  • 不動産売買契約

    不動産売買契約

    建売住宅の購入は自分自身で建築の計画や発注などを行わなくて済みますが、契約時に問題点が見つけにくいとい...

  • マンション内で起こりやすいトラブルとは?

    マンション内で起こりや...

    「手に届く価格で立地の良い場所に住むことができる」「住宅の管理が一軒家よりも簡単」 近年、このような理...

よく検索されるキーワード

ページトップへ