03-5815-6377 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談・電話相談無料
受付時間
平日 9:30~17:00

遺言書の効力

  1. 渋谷徹法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺言書の効力

遺言書の効力

法律で定められている事項を遺言書に記載することで、法的効力が生じるものを遺言事項と言います。

多くの場合、遺言書に記載する遺言事項は次の3つでしょう。
①相続分の指定
民法に規定のある法定相続分とは異なる指定ができます。

②遺産分割方法の指定
誰に何を相続させるかを具体的に指定することができます。

③第三者への遺贈
相続人以外にも、長い間お世話になった友人や団体へも財産を渡すことができます。


もちろんその他の遺言事項もあります。大きく分けると、「相続や財産の処分に関すること」と「身分に関すること」があります。
●相続や財産の処分に関すること
・特別受益の持戻しの免除(生前贈与を相続分に反映させない旨の意思表示ができる)
・遺留分減殺方法の指定(遺留分を侵害する遺贈が複数ある場合は、減殺の順序や割合を指定することができる)
・法定相続人の廃除または取消し(相続させたくない法定相続人がいる場合は相続の権利を剥奪できる)
・遺産分割の禁止(死後5年以内の期間で遺産の分割を禁止できる)
・信託の設定(信託銀行などに信託を依頼できる)

●身分に関することなど
・子供の認知
・未成年後見人又は後見監督人の指定(自分の死亡により親族がいなくなる未成年のこについて、後見人とその監督人を指定できる)
・遺言執行者(相続手続きを確実に行うための遺言執行者を指定できる)
・祭祀承継者の指定(墓や仏壇などの承継者を指定できる)
・生命保険金の受取人の変更(被保険者の同意を受けた上で保険金受取人を変更できる)


もっとも、自筆証書遺言で作成した際、法定のルールを守らずに作成したが故に、その遺言者が無効となるケースが多いです。そのため、遺言書を作成する場合は、弁護士などの法律専門家と一緒に作成するか、または公正証書遺言の方法で作成するようにしましょう。


渋谷徹法律事務所は、文京区をはじめとする都内を中心に、全国各地の相続問題に関するご相談を承っております。
「相続財産調査や相続人調査をお願いしたい」「遺産分割協議がまとまらない」「相続手続きにはどのようなものがあるのか教えてほしい」「遺言書の書き方が分からない」など様々なご相談に対応しておりますので、お一人で抱え込む前に当事務所へご相談下さい。

渋谷徹法律事務所が提供する基礎知識

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、離婚した後、子供と離れて暮らすことになった親にも、子供と会うことや、連絡を取ることがで...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続できる割合を言います。 そのため、...

  • 遺産分割交渉や調停

    遺産分割交渉や調停

    遺産分割協議を行うに際して、弁護士に依頼するべきかを悩まれている方もいらっしゃるでしょう。もし、次のよ...

  • 遺留分放棄の手続き方法

    遺留分放棄の手続き方法

    遺留分とは、一定の相続人のために、相続に際して法律上取得することが最低限保証されている遺産の一定の割合...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、故人が所有していた財産を、法律で定める一定の親族が引き継ぐことをいい、この時の故人を被相続人...

  • 遺言の委託について

    遺言の委託について

    遺言自体は有効でも、相続人の誰もが相続手続きを行わず、その内容が実現されない可能性があります。 そこ...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、相続の開始よりも前に、''特定の相続人''が相続放棄以外の原因(死亡・相続欠格・相続廃除...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症などで判断能力がない人を法律的に支援・援助するための制度です。そして、常に判断...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    子供の親権は、主に3つの権利・義務から構成されています。 1つ目は、「未成年の子供を監護、養育する権利...

よく検索されるキーワード

ページトップへ