03-5815-6377 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談・電話相談無料
受付時間
平日 9:30~17:00

遺留分の計算方法

  1. 渋谷徹法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺留分の計算方法

遺留分の計算方法

民法には、相続人を保護するために、一定の相続人には、最低限の財産を残すようにする制度があります。これが保護されないと、もし相続人が全くの他人に全財産を贈与した場合などに、相続人は一切の財産を相続できなくなってしまいます。
この制度は「遺留分制度」と呼ばれ、残される最低限の財産は「遺留分」と呼ばれます。

遺留分の計算方法は法律により規定されています。原則は、相続人全員で遺産のうちの1/2を遺留分として確保し、その1/2を相続人のなかで均等に割り振ります。例えば、相続人が配偶者と子ならば、遺産の1/2のうち、配偶者が1/4、子が1/4を遺留分として保証されていることになります。

ただし、これには二つの例外があります。一つ目に、被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹は、たとえ相続人になったとしても、遺留分は存在しません。二つ目に、相続人が被相続人の直系尊属(両親など)のみのとき、遺留分は全部で1/3になります。例えば、被相続人をその母と父で相続する場合には、遺産の1/3のうち、母父それぞれが1/6ずつを遺留分として保証されることになります。

遺留分は相続人を保護する趣旨ですから、被相続人だったとしても、遺言で遺留分制度に違反した相続を定めることができません。もし遺留分に違反した相続が現実になされてしまった場合には、相続人自身が、遺留分に違反して相続した人に対して遺留分を返還するよう請求(遺留分減殺請求)することになります。この請求は相手方に対して減殺の意思表示をすれば足り、裁判外のものであっても良いと解されています。

渋谷徹法律事務所では、文京区をはじめとする都内を中心に、全国各地の相続問題に関するご相談を承っております。
「相続財産調査や相続人調査をお願いしたい」「遺産分割協議がまとまらない」「相続手続きにはどのようなものがあるのか教えて欲しい」「遺言書の書き方がわからない」など様々なご相談に対応しておりますので、お一人で抱え込む前に当事務所へご相談ください。

渋谷徹法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言の委託について

    遺言の委託について

    遺言自体は有効でも、相続人の誰もが相続手続きを行わず、その内容が実現されない可能性があります。 そこ...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    子供の親権は、主に3つの権利・義務から構成されています。 1つ目は、「未成年の子供を監護、養育する権利...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚にまつわる諸問題の中でも、とりわけ解決が難しいのが「住宅問題」です。 婚姻中に夫婦が住んでいた家は...

  • 相続財産調査

    相続財産調査

    相続が開始した際、誰が相続人であるかの調査(相続人調査)を行うと同時に、相続財産の調査もしなければなり...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、相手に与えられた精神的苦痛を金銭という形で表したものです。 離婚をお考えの方は、一度は「慰...

  • 賃料交渉対策

    賃料交渉対策

    入居者からの賃料増減請求は、借地借家法32条に定められた正当な権利です。 (借地借家法32条1項 建...

  • 遺産、財産の使い込み

    遺産、財産の使い込み

    相続トラブルの中でも多いのが、相続開始(被相続人が亡くなる時)前後で相続人の一人が遺産・財産を使い込ん...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    相続手続きの大まかな流れは次の通りです。 まず、被相続人が死亡した(相続開始)後、7日以内に死亡届を...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    「養育費」とは、子供を監護・教育するために必要な費用のことを指す言葉です。 具体的には、生活に必要な経...

よく検索されるキーワード

ページトップへ