03-5815-6377 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談・電話相談無料
受付時間
平日 9:30~17:00

代襲相続

  1. 渋谷徹法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 代襲相続

代襲相続

代襲相続とは、相続の開始よりも前に、''特定の相続人''が相続放棄以外の原因(死亡・相続欠格・相続廃除)で相続権を失っている場合、その子供が代わりに相続人となるという制度です(民法887条2項)。

''特定の相続人''とは、被相続人にとっての「子」あるいは「兄弟姉妹」であるので、''特定の相続人''に代わって相続人となる者(代襲相続人)は、被相続人にとっての「孫」あるいは「甥・姪」であるといえます。

また、代襲相続人が相続する前に、相続放棄以外の原因で相続権を失っている場合は、さらにその代襲相続人の子ども(ひ孫)が相続人となります(再代襲相続)。この時、再代襲相続が認められるのは「子」などの直系卑属のみなので、「兄弟姉妹」の子供の再代襲相続は認められていません(つまり、甥・姪の子どもは相続人にはなれません)。


代襲相続で問題となるのは養子に関してです。

「相続権を失った子ども」が被相続人の養子だった場合、代襲相続人であるその養子の子が、養子縁組前に生まれたかどうかによって相続人となれるかどうかが変わってきます。

●養子の子が養子縁組をした後に生まれた場合
この場合、養子の子は養親(=被相続人)の直系卑属となる(民法727条)ので、養子の子は代襲相続人になることができ、遺産相続できます。

●養子の子が養子縁組をする前に生まれた場合
一方、養子縁組をする前にすでに養子の子が生まれている場合、養親は養子縁組時点の養子の親族とは親族関係にないので、養子の子は養親の直系卑属ではなく、養子の子は代襲相続人になることはできません。

このような違いがあるので注意しましょう。


渋谷徹法律事務所は、文京区をはじめとする都内を中心に、全国各地の相続問題に関するご相談を承っております。
「相続財産調査や相続人調査をお願いしたい」「遺産分割協議がまとまらない」「相続手続きにはどのようなものがあるのか教えてほしい」「遺言書の書き方が分からない」など様々なご相談に対応しておりますので、お一人で抱え込む前に当事務所へご相談下さい。

渋谷徹法律事務所が提供する基礎知識

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症などで判断能力がない人を法律的に支援・援助するための制度です。そして、常に判断...

  • 賃料交渉対策

    賃料交渉対策

    入居者からの賃料増減請求は、借地借家法32条に定められた正当な権利です。 (借地借家法32条1項 建...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚の方法には、当事者間で話し合う方法や第三者の力を借りる方法など、合計4つの種類があります。 まず1...

  • 遺産分割交渉や調停

    遺産分割交渉や調停

    遺産分割協議を行うに際して、弁護士に依頼するべきかを悩まれている方もいらっしゃるでしょう。もし、次のよ...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    人生を左右するような重要な問題が山積している離婚問題ですが、離婚後の氏や戸籍をどうするかという問題も、...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は、自分自身で相続財産を引き継ぐか、引き継がないかを決めることができます。 このように、相続財...

  • 遺言書の作成

    遺言書の作成

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にしたものが遺言書です。 遺言書は満1...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚にまつわる諸問題の中でも、とりわけ解決が難しいのが「住宅問題」です。 婚姻中に夫婦が住んでいた家は...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、離婚した後、子供と離れて暮らすことになった親にも、子供と会うことや、連絡を取ることがで...

よく検索されるキーワード

ページトップへ