03-5815-6377 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談・電話相談無料
受付時間
平日 9:30~17:00

不動産トラブルとは

  1. 渋谷徹法律事務所 >
  2. 不動産トラブルに関する記事一覧 >
  3. 不動産トラブルとは

不動産トラブルとは

不動産トラブルには様々なケースが存在しますが、その中でも問題となるのが、借地権の更新や敷金の扱い、建物買取請求権などの金銭や不動産を巡る争いなどです。

まず、借地権には「通常借地権」と、用途別に合わせた「定期借地権」が存在します。
通常借地権は地主側に正当事由がなければ更新の拒絶をすることが出来ず、一度土地を貸したら二度と帰ってこないというイメージがありました。
そこで、期間満了と同時に必ず終了する特別な定期借地権が生まれた事により、地主にとっても柔軟な土地運営が可能となったのです。
定期借地権には、存続期間を50年以上とする「定期借地権」と、期間満了時に建物を地主に相当の対価で譲渡する「建物譲渡特約付き借地権」と、もっぱら事業用に供する建物を所有する目的に限定された「事業用定期借地権」の3種類が存在します。

「建物買取請求権」とは、借地契約が終了した場合、借地権者が地主に対して建物を時価で買い取るよう請求することができる権利です。
通常借地権において特約によって排除される「造作物買取請求権」とは異なり、建物買取請求権は特約によって排除することが出来ないのが特徴です。ただし、定期借地権と存続期間30年以上50年未満の事業用定期借地権では、建物買取請求権のない特約を定めることが出来ます。

また賃貸借契約において特に発生しやすいトラブルの例として、アパート退去時の費用負担や敷金の返還に関する問題などが挙げられます。
通常、賃貸借契約の建物の修繕義務は貸主にありますが、建物を撤去する際に賃借人が故意に付けた傷などに関しては修繕費の負担を強いられるケースがあります。
これを「原状回復義務」と呼び、多くの場合修繕費用は敷金から差し引かれます。
この原状回復義務の修繕範囲や敷金の返還を巡るトラブルが頻繁に発生するため、平成10年に国交省から「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が公表されました。このガイドラインでは、建物の劣化の種類と修繕義務に関して具体例を示し、双方の費用負担部分を明確に線引きされています。

渋谷徹法律事務所では、文京区を中心とした東京23区で不動産トラブルに関するご相談を承っております。
借地権の更新を巡るトラブルから、修繕義務に関する費用負担まで幅広く対応しておりますので、不動産トラブルでお困りの際にはお気軽にご相談ください。

渋谷徹法律事務所が提供する基礎知識

  • 協議離婚

    協議離婚

    協議離婚とは、夫婦が協議し、双方の合意の上で離婚することを指します。 協議離婚は、離婚届を記入して双...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    「養育費」とは、子供を監護・教育するために必要な費用のことを指す言葉です。 具体的には、生活に必要な経...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    離婚の最終形とも言えるのが、「裁判離婚」。つまり、裁判所に離婚の訴えを提起し、離婚を成立させてもらう制...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、調停離婚が不調に終わった際、家庭裁判所の審判によって行われる離婚を指します。 具体的に言...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、離婚した後、子供と離れて暮らすことになった親にも、子供と会うことや、連絡を取ることがで...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、相手に与えられた精神的苦痛を金銭という形で表したものです。 離婚をお考えの方は、一度は「慰...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、故人が所有していた財産を、法律で定める一定の親族が引き継ぐことをいい、この時の故人を被相続人...

  • 遺産分割交渉や調停

    遺産分割交渉や調停

    遺産分割協議を行うに際して、弁護士に依頼するべきかを悩まれている方もいらっしゃるでしょう。もし、次のよ...

  • 明渡し・立ち退き

    明渡し・立ち退き

    明け渡し訴訟とは、賃貸人が賃借人に対し強制的に建物を明け渡すように求める訴訟です。 建物の明け渡し...

よく検索されるキーワード

ページトップへ