03-5815-6377 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談・電話相談無料
受付時間
平日 9:30~17:00

賃料の回収

  1. 渋谷徹法律事務所 >
  2. 不動産トラブルに関する記事一覧 >
  3. 賃料の回収

賃料の回収

賃料を支払わない入居者に対して契約解除を求めようとしても、賃借人が1か月程度家賃を滞納したぐらいでは契約の解除事由には該当しません。なぜなら賃貸借契約は信頼から成り立っており、その信頼関係が破壊されなければ契約の解除を行えないとしているからです。
例えば、賃料不払いにおいて一ヵ月程度では信頼関係は破壊されたと見なされず、契約解除のためには3か月~6か月程度の賃料不払いが必要とされています。

また、滞納者の中には一時的な経済事情により、賃料を支払うことが困難になった場合もあります。そのため、まずは滞納者に直接コンタクトを取り、話し合いや交渉により賃料回収を目指します。
しかし、このような交渉に最初から応じるつもりのない賃借人に対しては、「本状を受け取ってから〇日以内に滞納している賃料を支払わなければ契約を解除する」等の、契約の解除の旨を明記した催告状を送ります。

賃料回収の催告は主に内容証明郵便を利用します。内容証明郵便とは誰が、どんな内容を、誰に送ったのかを郵便局が証明してくれる特別な郵便物です。内容証明郵便は、縦書きの場合1行20字以内、用紙1枚26行以内、といった1枚の用紙にかける文字数の制限が存在します。
あまり法律に詳しくない人が内容証明郵便を受け取ると、「裁判が起こるのかもしれない」、といった心理的なプレッシャーから、賃料を支払うこともあります。実際、内容証明郵便は後の裁判で有力な証拠になるのです。

それでも滞納者が賃料を支払わない場合には、少額訴訟や支払督促によって確定判決を得て、強制執行手続きにより強制的に権利を実現しなければなりません。
滞納家賃の支払い請求訴訟によって勝訴した原告が強制執行する場合には、判決に基づいて執行官などの機関が被告の財産を差し押さえ、競売にかけお金へと変換し、原告に支払われる流れになります。

渋谷徹法律事務所では、文京区を中心とした東京23区で賃料の回収に関するご相談を承っております。滞納している入居者に対して交渉を行いたい場合や、内容証明郵便を利用したいが書き方がわからない、とお困りの方がいらっしゃいましたら、どのような問題であっても真摯に対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

渋谷徹法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の作成

    遺言書の作成

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にしたものが遺言書です。 遺言書は満1...

  • 遺言の委託について

    遺言の委託について

    遺言自体は有効でも、相続人の誰もが相続手続きを行わず、その内容が実現されない可能性があります。 そこ...

  • 賃料の回収

    賃料の回収

    賃料を支払わない入居者に対して契約解除を求めようとしても、賃借人が1か月程度家賃を滞納したぐらいでは...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申し立てにより、家庭裁判所の家事調停によって成立する離婚を指します。 たとえ離...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    「養育費」とは、子供を監護・教育するために必要な費用のことを指す言葉です。 具体的には、生活に必要な経...

  • 遺留分の計算方法

    遺留分の計算方法

    民法には、相続人を保護するために、一定の相続人には、最低限の財産を残すようにする制度があります。これが...

  • 賃料交渉対策

    賃料交渉対策

    入居者からの賃料増減請求は、借地借家法32条に定められた正当な権利です。 (借地借家法32条1項 建...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症などで判断能力がない人を法律的に支援・援助するための制度です。そして、常に判断...

  • 遺産分割とは

    遺産分割とは

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合や、「Aに3分の1、Bに3分の2ずつ」といった相続割...

よく検索されるキーワード

ページトップへ